筋力低下による瞼の重み|眼瞼下垂の治療で目元改善

たるんだ眼瞼挙筋を短く

女医

見た目と安全面の問題

上まぶたは、眼瞼挙筋という筋肉にぶら下がっている状態です。眼瞼挙筋は、力を加えると縮むのですが、これによって上まぶたは持ち上がります。逆に力を抜くと、伸びて上まぶたが下がることになります。しかし眼瞼挙筋は、年をとるにつれて縮みにくい状態になります。つまり、強い力を加えなければ、上まぶたを持ち上げることができなくなるわけです。この状態を眼瞼下垂というのですが、これにより目は上まぶたによって、常にある程度塞がった状態となります。見た目の問題も生じますし、視界が狭くなることで、安全面での問題も生じることになるのです。そのため、パッチリと開く目にするためにも、安全に生活するためにも、眼瞼下垂は美容整形外科などで早めに治療することが肝心と言えます。

カットまたはつづら折りで

眼瞼下垂は、眼瞼挙筋がたるんでしまうことが原因となっています。ゴムはたるむと、伸びたままとなりますが、それと同じように眼瞼挙筋も、たるむことで長く伸び、縮みにくくなるのです。したがって眼瞼下垂の治療は、たるんだ眼瞼挙筋を短くするという方法でおこなわれています。具体的には、眼瞼挙筋をいったん上まぶたと分離し、短くカットした上で、再度上まぶたに縫い付けるという治療です。眼瞼挙筋が短くなれば、強い力を入れずに上まぶたを持ち上げることができるようになるのです。また昨今では、伸びた眼瞼挙筋をつづら折りにして、糸で縫うことで固定するという治療もおこなわれるようになっています。この場合は、眼瞼挙筋自体は短くなりませんが、折ることで上まぶたとの距離は短くなります。そのためやはり、上まぶたは弱い力でも持ち上がるようになるのです。

いろんな部分へ活用

ウーマン

体を構成する物質のヒアルロン酸を用いた治療が美容クリニックの定番となっています。シワやくぼみを解消したり、鼻やアゴの形を整えたり、ニキビ跡のケアに役立ったりと万能性がみられています。また医療の現場ではヒザの痛みを解消するために用いられているようです。

目元のたるみを取る方法

目

目の下のたるみの大きな原因となるのは老化です。老化によって目の下に脂肪が溜まり、それがたるみになります。改善する方法として人気がある脱脂術は、下まぶたの裏側から脂肪を除去でき、皮膚に傷跡が残らず、すっきりとした目元になるのが特徴で人気があります。

生まれ変わるバスト

胸

乳がんなどによって乳房切除手術を実施した場合、今まであったバストがなくなることで、患者によってはショックを受けてしまうでしょう。その後に乳房再建手術を実施するケースもあり、技術や手術方法も進化して自分に合った方法を選ぶことが可能となっています。