生まれ変わるバスト|筋力低下による瞼の重み|眼瞼下垂の治療で目元改善

筋力低下による瞼の重み|眼瞼下垂の治療で目元改善

生まれ変わるバスト

胸

手術の種類と選択肢

乳房切除術を受けた患者には乳房再建手術を受けるという選択肢があります。乳房再建は時代の流れとともに技術も向上しており、現在では大きく分けると自家組織移植とインプラントの二種類がありますが、自分の幹細胞を使用する新技術のCAL組織増大術という方法もあり、このCALに関しては自家組織移植でもインプラントでもどちらにも適応される技術となっています。ただしCALはまだ保険適応外であり、CALを使用しない場合の自家組織移植やインプラントの場合は保険適応となっています。またそれぞれの方法によって手術時間や入院期間、傷の大きさや合併症のリスク、感触やメンテナンスなどは異なるため、それらを比較して自分に一番合った乳房再建術を選ぶことが最適です。

実施することで

乳房摘出をしたからといって、必ずしも乳房再建を実施しなくてはいけないというわけではなく、あえてそのままの状態でいるという選択肢ももちろんあります。しかしかつての身体と違ってしまったことで精神的に負担になることもありますし、温泉施設などで他人の目が気になり、そのような施設に行けなくなるケースもあります。そういったことも考慮して乳房再建を選択することも多く、とくに最近では手術方法も進化した影響でより負担も少なく簡単に手術を受けることができるようになったこともあり、乳房再建は需要も高まっています。また再建が遅れれば遅れるほど患者の精神的な不安やストレスも高まるため、乳房再建を実施するならば早めに実施することがおすすめです。